top of page
%E5%8D%94%E4%BC%9A%E3%80%80%E5%8D%B0_edi

セミナー受講規約

 

 本セミナー受講規約(以下「本規約」という)は、

一般社団法人 日本トラブルネイルケア協会(JTNC)(以下「当協会」という)が

提供するセミナー(以下「本講座」という)への参加者(以下「受講者」という)に

遵守していただく規則です。

 

本セミナー受講規約(以下「本規約」という)は、
一般社団法人 日本トラブルネイルケア協会(JTNC)(以下「当協会」という)が
提供するセミナー(以下「本講座」という)への参加者(以下「受講者」という)に遵守していただく規則です。


第 1 条(本規約の範囲および変更)
(1) 第 4 条に基づく本講座の申込を当協会が承諾した全ての受講者(以下「受講者」と いう)は、当協会の指定
する申込手続きをする、または本講座へ参加することにより、本規約の内容を承諾したものとみなされます。
(2) 当協会は、受講者に通知を行うことにより、本規約の変更又は細則の制定をすることができるものとします。
但し、当該変更規定又は細則が通知された後に受講者が本講座に参加した場合には、受講者は当該内容に同意したも
のとみなされ、当該変更規定および細則は、本規約の一部を構成するものとして、受講者に適用されます。


第 2 条(受講資格)
(1) 当協会主催のセミナーはネイリスト、又は介護や看護の現場で活用したい方、
トラブルネイルケアサロンとして開業を目指している方のみ受講可能です。
他の巻き爪や足のトラブルネイルに関する団体のインストラクター、
エデュケーター、それに準ずる資格をお持ちの方、および関係者の方の受講も認められません。
・お申し込みの際に、職種や資格、営業実績などの確認をさせていただく場合があります。
(2) ネイリスト以外の方は、各TNCL認定セミナーお申し込み後、開講日までに当協会の定める
「基礎のセミナー」の受講が必須となります。(基礎のセミナーだけの受講は致せません)
(3) JTNC認定スクールで開催する「爪切りセミナー」に関しては
医療関係者、介護関係者の方のみ単独受講が可能となっております。


第 3 条(提供サービス)
(1) 当協会は、受講者に対し、第4条で定める受講料金を対価として、
当協会が別途定める講座内容により講義を行うものとします。


第 4 条(受講料金等)
(1) 受講者は、当協会が提示する参加費(受講料+教材費)を当協会が定める期限までに お支払いいただきます

(2) 参加費は銀行振込み又は当協会が指定した方法でお支払いいただきます
(振込み手 数料はご負担していただきます)。

(3)出張時の交通費などの計算について
以下、一律担当講師のサロンからセミナー会場までで計算いたします
・交通費→公共交通機関一般価格で計算したもの。割引などの適応不可
・出張費→公共交通機関での移動時間で計算。

片道2時間を超える場合は、1時間超過ごとに\10,000 上限\50,000
(例:移動時間1時間40分→\0、2時間30分→\10,000、3時間20分→\20,000)
・宿泊費(1泊)→最低金額\12,000、上限\25,000。
開催希望地の最寄り駅や空港などでの宿泊施設の環境が整っていない場合は、近隣の主要駅での宿泊となり、

必要に応じて交通費の負担があります
また片道4時間を超える場合は原則前泊又は後泊、その両方が必要です。
・会場費→必要に応じて受講生が手配、受講生負担(手配が難しい場合は担当講師が手配可能)
(ホワイトボードやモニター等内容に合わせた設備が必要です)
(会場が駅から離れている場合は要送迎、又はタクシー代等かかりますので手配前に講師と要相談)
※受講生ABC3名での対面受講時、受講生Aのサロンを使用する場合、

受講BCはAに\500/回の支払いを必須といたします。担当講師のサロンを使用する場合は受講生の負担はありません。

第 5 条(本講座受講申込の承諾)
(1) 当協会の規定により決定した本講座の受講希望者(以下「受講希望者」という)は、 当協会より通知する参
加費振込、手続き、書類提出を指定期限までに行い、氏名・住所・ 電話番号その他当協会の別途定める事項について
、正確且つ最新の情報(以下「登録情報」という)を申込書その他に記載して提供するものとします。
(2) 受講希望者は、本規約の規定に従い参加費の全額を入金し、必要書類を提出する。
当協会がこれらを確認した時に受講者たる資格を取得するものとします。


第 6 条(登録情報の使用)
(1) 受講者の登録情報の取り扱いは、当協会のプライバシーポリシーに従って行うものとします。
(2) 登録情報および受講者が本講座を受講する過程において当協会が知り得た情報(以下「受講者情報」という)
を本講座スタッフも共有し、本講座の運営や今後の教育事業のために使用することができるものとします。
(3) ご登録いただいたご連絡先へ当協会よりセミナーなどのご案内をお送りすることがあります。
(4) 本講座開催中に撮影した映像、写真を当協会の広報資料、報告資料として使用することに許諾いただきます。


第 7 条(受講者資格の中断・取消)
受講者が以下の項目に該当する場合、当協会は事前に通知することなく、直ちに本規約を解除し、当該受講者の受講
資格を停止、または将来において取り消すことができるものとします。
また、その際においても、以下の 項目の(1)~(7)に該当する場合は、参加費の返金はいたしません。
(1) 受講申込において、虚偽の申告を行ったことが判明した場合

(2) 本講座中や講座座後に他の受講者に対して特定の宗教への勧誘活動、特定の政党や学会における選挙活動、

営利活動、また はその準備を目的とした行為、その他当協会が別途禁止する行為を行った場合
(3) 本講座開催施設の規約に違反した場合
(4) 本規約に違反した場合
(5) 他の受講者に感染を及ぼす危険のある疾病(感染症)に罹患した場合
(6) 申込時と異なる条件が生じた場合(就労環境・身体的事由等)
(7) その他、受講者として不適切と当協会が判断した場合
本条1項に該当する場合の他、受講者が本講座の進行の妨げになると判断した場合、退席を命じることがあります。


第 8 条(本講座開催の中止・中断および変更)
(1) 当協会はやむを得ない場合には、受講者に事前の通知なく、本講座の運営を中止・ 中断できるものとします

(2) 前項の場合には、当協会は本講座の中止または中断後原則 10 営業日以内に、参加費を返金いたします。
但し、当協会の責任は支払済の参加費の返金に限られるものとし、その他一切の責任を負わないこととします。


第 9 条(参加辞退)
(1) 申し込み後の参加辞退は原則的に認めません。
(2) 申し込み受付終了後に、受講者のご都合により参加辞退される場合は、

原則として参加費の返金はいたしません。
なお、やむを得ない理由で参加できない場合は、一度に限り振替にて対応します。
その際の再度かかる費用、または開催地が異なる場合にかかる交通費、宿泊費等の費用については受講者負担とし、
原則として振替可能期間は以下の通りとします。
・各認定セミナー座学・・・1日に限り別途日程開催(アーカイブ:追加\11,000-・二回目以降は\33,000/回)

もしくは半年以内の開催時に未受講講座のから再スタート

・各認定セミナー実技、実技試験・・・1か月以内、もしくは開催希望地での次回開催時へ振替可能
・各認定セミナー筆記試験・・・1か月以内での受験、もしくは次回開催時へ振替可能

第 10 条(損害賠償)
(1) 受講者が、当協会や本講座に対して損害を与えた場合、受講者は一切の損害を補償 するものとします。
(2) 本講座に関連して、受講者間、あるいはその他の第三者との間で紛争が発生した 場合、
受講者は自己の責任において、当該紛争を解決するとともに、当協会に生じた一 切の損害を補償するものとします。
(2) 第11条について当協会の許可なく利用規範を遵守しなかった場合、

受講者に対して損害賠償を求めることがあります。


第 11 条(講義・実習内容及び配布資料について)
受講者は、当協会の定める以下の利用規範に従うこととします。
(1) 本講座に含まれる一切のノウハウ、アイディア、手法その他の情報、本講座において提供される教材、書籍
およびビデオその他一切の著作物、ならびに本講座で使用される一切の名称および標章(以下併せて「講義
内容」という)について、著作権及び商標権その他一切の権利は全て当協会に帰属し、受講者はこれらの権
利を侵害する行為を一切行ってはならないものとします。
(2) 受講者は、講義内容を自己の学習の目的にのみ使用するものとし、いかなる方法 においても、受講者個人の
私的利用の範囲外での使用、コピープロテクトその他の技術的保護手段に用いられている信号の除去もしくは改変等
、および第三者に対して、頒布、販売、譲渡、貸与、修正、翻訳、使用許諾等を行ってはならないものとします。
(3) 講義・実習内容を撮影、録音をすることは許可しないものとします。
(4)金銭が発生しなくても、自身のサロンスタッフ含む第三者に教授、提示することも禁止とさせていただきます


第 12 条(保証)
本講座は、受講者が講義内容を習得することを保証するものではありません。

 
第 13 条(相モデルによる実践)
本講座カリキュラム内で相モデルでの実践を行う場合について
(1) 実技では受講者の爪を題材とし、施術していただく場合があります。爪の状態には個人差があるため、

習得する内容に違いが生じることもあります。
(2) 受講者が撮影した写真は、受講者間および当協会で共有いたします。
(3)セミナー中に撮影した写真は当協会運営ウェブサイト(以下「本サイト」という)などで

使用する場合がございます。

その際は、事前にご了解いただいた場合を除き、個人が特定できないように匿名化いたします。


第 14 条(当協会等の責任)
(1) 当協会は、故意または重過失に基づく場合を除き、本講座または本規約に関連して 受講者または第三者が被
った特別損害(予見可能性の有無を問わない)、間接損害および逸失利益について何ら賠償責任を負わず、通常損害
について、当協会が当該受講者から現実に受領した受講料金の範囲内でのみ損害賠償責任を負うものとします。
(2) 理由の如何を問わず、受講者が当協会または本講座の開催場所に物件を残置し、当該本講座終了後三日以内に
当協会の定める手続により返還を請求しなかった場合、 当協会は受講者が当該物件に対する所有権その他の権利を放
棄したものとみなして、 これを任意に処分することができるものとし、当該物件に関して一切の責任を負わないもの
とします。

第 15 条(通知および同意の方法)
(1) 当協会から受講者への通知は、本規約とは別に定めのある場合を除き、当協会からのLINEもしくは当協
会のInstagram、またはその他当協会が適当と認める方法により行われるものとします。
(2) 前項の通知がLINEで行われる場合には、登録された個人LINE又はグループLINE宛への当協会か
らの発信をもって通知が完了したものとみなします。但し 登録情報が正確もしくは最新でなかった等の理由により当
協会からの通知が不到達となった場合でも、本項に定める時点で到達したとみなされるものとします。
(3) 本条1項の通知がInstagramで行われる場合は、当該通知がサイト上に掲示された時点

(本サイトにアップロードされた時点)をもって受講者への通知が完了したものとみなします。
(4) 当協会は、上記いずれかの方法により受講者に通知を行った場合、通知の完了後 10 日以内に受講者からの異
議申し立てがない、または通知完了後に受講者が当協会の本講座に参加した場合には、その時点で受講者が同通知の
内容に同意したものとみなします。

 ​                            付則 本規約は 2020 年 1月 6日より実施するものとします。

​                                                    改訂2023年3月25日

   

一般社団法人 日本トラブルネイルケア協会

​宮﨑 朋子 

bottom of page